ShopINF のセットアップ


● CGIの設置から起動まで
  1. 圧縮ファイルをダウンロードして解凍する。
    以下が設置を必要とするファイルとフォルダです。

     splog (データファイル用フォルダ)
      splog 内:  index.html (ダミー)
     shopinf.cgi (CGIスクリプト)
     jcode.pl (CGIライブラリ)


  2. CGIスクリプトファイルの初期設定をする。(次節で説明)

  3. サーバーのCGI用ディレクトリ(CGIファイルの設置場所)に解凍後のファイルを以下のように配置(アップロード)する。

    (設置ディレクトリ)
             |
             +--- shopinf.cgi
             |
             +--- jcode.pl
             |
             +--- splog(ディレクトリ)
                      |
                      +--- index.html
    

  4. 配置したファイル、(およびフォルダ)のパーミッション(ファイル属性)を以下のように設定する。

    shopinf.cgi − (755)
    jcode.pl − (644)
    splog − (777)

  5. ご利用のホームページよりCGIスクリプトへのリンクを貼る

      例) <a href="http://(CGIファイルの設置場所へのパス)/shopinf.cgi" target=_top>ショップへのお問い合わせ</a>


  6. CGIスクリプト(http://CGIファイルの設置場所へのパス/shopinf.cgi)を起動して管理画面より下記の設定をする
     (管理画面へは’LOGIN’をクリックして初期パスワード値: bbs でログインします)

    ・新パスワード
    ・表示/環境設定(ご自身のホームページURL、タイトル、色など各種設定)

  以上です。


● CGIスクリプトファイルの初期設定
 ’ワードパッド’などのテキストエディタでshopinf.cgi(CGIスクリプトファイル)を開き、必要に応じて以下の部分を変更して下さい。
  1. perl(インタープリタ本体)へのパス設定

    1行目の
    #!/usr/local/bin/perl
    をサーバーのperlへのパスに合わせて変更する。


  2. splog (データファイル用空フォルダ)へのパス設定
    (データファイルを保存するサーバーのディレクトリ(フォルダ)を指定する。)

    既定設定のようにCGIスクリプト(shopinf.cgi)と同じディレクトリにsplog(フォルダ)を設置する場合は、
    $DAT_DIR="splog/";
    のままで結構です(変更は不要です)。
    他の場所にデータファイルを置く場合は変更してください。


    2. のパスの設定は "http://mayuweb.com/splog/" のように絶対パスでも指定できます。

Close