ネットショップを始めよう!

今、このページをご覧の皆さん、ネットショップを始めてみませんか。 
個人でインターネットに接続している方のほとんどが「ネットショップをもつ」大きな要件をもっています。
それは、ズバリ「店舗」です。
ネットショップの「店舗」といえば、「WEBサイト」! そう、「ホームページ」を公開する場所さえもっているなら「店舗を建設する土地」をもっているのと同じことなんです。
もし、あなたが有名どころのプロバイダを通じてインターネットを利用しているなら、そのほとんどについて、その基本サービスに無料ホームページスペースが含まれていると思います。
つまり、それはネットの中に「店舗を建設する土地」をもっているということです。
後は、そこに店舗を建設(ホームページを製作)して商品を並べるだけです。 これで、とりあえず「開店」ということになります。 そして、ホームページを更新することで、お店の改装、建替えは簡単にできることになります。

もちろん、ネットショップを営むには、そこにお客を呼ぶために「宣伝」も必要ですし、「お店」として運営していくためには、開店後にさまざまな作業が伴います。 しかし、ネットショップを立ち上げること自体は、それほど難しいことではありません。 このページではとりあえず「開店へのきっかけ」、「開店への薦め」のようなお話をしたいと思います。

「ショップを経営する」ということは「事業を始める」ということで失敗が大きなリスク(損失)につながります。
しかし、「ネットショップをもつ」ということは必ずしもそうとは言えません。 やりようによっては、低リスクに抑えることができるのがネットショップの魅力です。
低リスクになり得る理由は、地代(ホームページスペース)と建設費(ホームページ製作)を安くできることに他ありませんが、そこで取り扱う商品についても「ネットショップだからできるもの」をうまく考えると低リスクで抑えられる可能性があるのです。

○ 実店舗販売とネットショップ

もし、あなたが既に実店舗ショップを運営しているなら、
そして取り扱う商品を全国に発送できるような環境をつくれるなら、
これはホームページ、すなわち、ネットショップを利用しない手はありません。
特に、取り扱う商品が以下のキーワードに関連していたら全国を対象にしたネット販売に適しています。
「オリジナル」
「特産品」
「希少商品」
「価格競争で戦える」
つまり、町中(例えばコンビニなど)ですぐ手に入る商品でないならば、それを実店舗で販売しているだけではもったいないということです。
むしろ、物によっては「ネット販売にこそ向いている」かもしれません。

しかし、取り扱う商品が日用的なもので、「町中でも手に入る」ようなものでしたらどうでしょう?
それでもホームページ(ネットショップ)を併用することが有効なケースがあります。
例えば、地域限定にして「配達無料、即日配達」にするとか、 地元に宣伝(地域情報ページへの投稿など)することに力を入れて、来訪顧客への「宣伝」や「予約受付」を目的の主体にする・・などです。
ただ、ここで注意することは、ホームページ(ショップサイト)の製作、宣伝にかける手間隙とのバランスです。
ネットショップを運営すると、ページ更新や顧客対応が必要になります。場合によっては、ホームページは、実店舗の認知(商品宣伝や所在地告知)などに留めて利用することが得策かもしれません。

いずれにしても、貴方が既に実店舗を経営しているならネットショップ、もしくは宣伝用ホームページの製作も考えてみてはいかがでしょうか?
繰り返しになりますが、せっかく持っている土地(サーバースペース)を利用しない手はないのですから・・・


○ 趣味と実益をかねたショップ運営

もし、あなたが何かの「オ・タ・ク」だったら(失礼(^^ゞ)、
これは大きな武器になる可能性を秘めていると思いませんか。 その分野に「希少性」があったりするものなら、それをネットで販売すると大きな反響を呼ぶかもしれませんよ。
このような掘り出し物は、「ネットオークション」という形で販売されているのを見かけますが、その商品が継続的に販売できそうなものなら、いっそのこと「自身のショップ」を構えたらいかがでしょうか。
そこから思わぬビジネスチャンスが生まれるかもしれません。

また、趣味の産物がそれほど「希少性」があるものではなくても、趣味の延長で始めるネット販売は、楽しく苦にならず、また低リスクにできる可能性が大きいといえるのではないでしょうか。
いわゆる「趣味が講じて」というやつですね。
例えば、
「洋裁」
「手作りアクセサリー」
「切手収集」
「オオクワガタ飼育」
のような趣味があるなら、自身の作品やコレクション品をホームページで公開して、その反響をきいたり、同じ趣味の仲間をみつけたりするのも楽しいものでしょう。
そこから発展させたものとして運営するショップは、たとえそれが本格的なビジネスに繋がらなくても「趣味の延長」というスタンスで気軽に始められるのがネットショップの魅力です。

趣味と実益をかねたネットショップ、考えてみませんか。


○ 在宅でお気軽ネットショップ

ネットショップのもう一つの利点は、ショップの運営、維持がネットに繋がるパソコンさえあれば、「いつでも」「どこでも」できるということです。
店番は要りません。問い合わせや販売の受付(受注)は電子メールやショッピングカート(CGI)などがこなしてくれます。それも24時間体制で・・
基本的には自分の都合で、「ページ更新」や「受注品の発送」などの一日の作業時間(労働時間帯)を決められるのがネットショップです。
もちろん商売が繁盛して1日中忙しいということにもなりかねませんが、それでも時と場所を選ばずにできる作業が多いことはネットショップの最大の利点ではないでしょうか。
在宅でもできるというこの利点を生かして、
「サイドビジネスとして始める」
「趣味の延長で始める」
「とりあえずやってみる」
など気軽に始められるのがネットショップのよいところです。

最近は個人事業と思われるネットショップが急激に増加しています。
「在宅でもできる」このことが、その最大の理由であるのは間違いないと思います。
自宅に居ながら空いた時間を利用してできる程度のネットショップ。 最初はそこからスタートしてみては?


○ 低リスクからスタート

「とりあえずやってみる」、これは、低リスクであることが絶対条件です。
ネットショップといえども、たくさんの商品を仕入れて在庫を多くかかえると大きなリスクを伴います。
しかし、ネットショップであれば「とりあえず商品への反響をみる」といったこともある程度は可能になります。

実店舗では開店と同時にそれなりの品数(品種と個数)を揃える必要がありますが、ネットショップでは必ずしもそうではありません。
とりあえず品種のみを揃えてから売れ行きを見て、または受注後に、足りない分を仕入れるといったことができる場合もあります。
これは通信販売において、「商品注文」から「商品引渡し」までの時間差がなせるもので、うまくやれば常に在庫を抱えないで商売をすることも可能です。
少なくとも、「売れ行きををみて在庫を調整する」という点において実店舗より有利に働く「時間差」があるということです。 その時間的余裕が、商品仕入れにおいて低リスクを実現するキーポイントになります。

店舗の地代(ホームページスペース)、建設費(ホームページ製作)と併せて、商品選択や仕入れ方についても、いかに低リスクからスタートさせるかを考えましょう。
例えば、
ホームページスペースについては、現在加入しているプロバイダなどの付属スペースでスタートする。
ホームページ製作は、製作ソフトなどを利用して自身で行なう。
などは、低リスクからスタートする第一歩です。
仕入れに関しては、「受注を受けてから商品を仕入れる」これが理想ですが、それが不可能でも、できるだけ在庫を抱えない体制を考えることです。

貴方が一大決心のもとネットショップの開設を考え、「成功する」と信じているののなら、上に述べたようなことは足かせになるかもしれません。 最初からネットショップに専用ドメインや大容量サーバーを用意したり、高額商品を大量に仕入れ掲示することも考えるべきでしょう。
しかし、「とりあえずやってみる」というのあれば、絶対に低リスクということをしっかりと自覚してネットショップ開設プランを考えるべきです。

前ページへ 次ページへ